人気ブログランキング |
尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
新しい年を迎えるにあたって
新しい年の始まりに

 新しい歴史をつくる力

  新しい希望あるエネルギーの蓄積を

  感じています。2010年が皆様の   

  幸多き年となりますように‥合掌‥ 

昨年は国民の力で「自公政治を退場」に追い込み、国民の切実な要求実現の「障害物」を取り除く記念すべき年となりました。
新しい年2010年、岡野長寿は、日本が「新しい福祉国家」「新しい平和国家」建設に向けて、着実に歩みを進められるよう、がんばります。

とりわけ自治体は福祉の分野では多くの仕事ができるはずです。
尾道市が子育て支援、高齢者福祉の充実で、世の先駆けとなれるよう
力を尽くしたいと思います。

「福祉国家」実現は=「平和国家」実現です。
日米軍事同盟から日米友好条約への転換、財界優先からルールある経済社会実現を
ご一緒になしとげようではありませんか。

「政権交代」の次は「政治の中身」が問われます。
「国民が主人公」の立場で「政治の中身」を変える発言ができる日本共産党の議席を今年は参議院でうんと大きく増やしましょう。
by okanonagatoshi | 2009-12-22 14:55 | ● ながとし日記
経済危機の下、安価な住居を求める市民に救いの手を!
岡野長寿市議は、市営住宅や県営住宅に入れる方が限られている問題を背景に、雇用促進住宅の入居を再開させるべきとの立場で質問に立ちました(尾道市議会経済建設委員会12/11)

建築課長は「派遣切りなど失職した方が入れるようになっており、要件が緩和された。経済的困窮者にも道が開かれている」との答弁。

岡野長寿市議は安芸高田市議会が12月9日、雇用促進住宅を4,600万円で買い入れる議案を可決したことを紹介、国から約2,150万円の国費(国の地域住宅交付金)を引き出して市民のニーズに答えようとする安芸高田市の姿勢を高く評価、「尾道市でも地域振興基金5、996万円の基金を利用すればすぐにでも市民の願いに答えられる」と市の積極的な対応を求めました。

市は「検討する」との態度を示すのみで「手をこまねく」姿勢に終始しました。
by okanonagatoshi | 2009-12-11 17:43 | ● 議会報告
ハローワークのワンストップサービス、因島でも実施を!
岡野長寿市議は、12月11日に開かれた尾道市議会経済建設委員会で質問に立ち、ハローワークで試行されている「ワンストップサービス」をぜひ因島地域で実施するよう求めました。

松山商工課長は、「ちょうど今日、国の方から連絡があり、尾道市でも12月22日からワンストップサービスをやることになった。どのようなものが望ましいか、今後検討したい」と答弁しました。

岡野長寿市議は「尾道栗原のハローワークは手狭で、駐車場も狭い、しかも因島から栗原まで行ったのではワンストップサービスの利点が生かされない。金山のハローワークを再開するか、それが無理なら、因島総合支所が駐車場もあるし、広い」と提案、要望しました。

岡野長寿市議は「因島・瀬戸田地域でも、厳しい経済状況の中で、造船業界も不況の大きな波に飲み込まれることが予想される。職を失う方、住まいを失う方も増えることが予想される中で、ワンストップサービスの実施で因島・瀬戸田地域に『駆け込み寺』をつくることが重要だ」と語っています。
by okanonagatoshi | 2009-12-11 16:59 | ● 議会報告
尾道市議会「しまなみ海道通行料金特別委員会」の活動を紹介します。
b0086109_11325065.jpg

       「説明を聞く」岡野長寿市議

b0086109_1134123.jpg

       「質問する」

b0086109_11342997.jpg

       「メモをとる」

b0086109_11351830.jpg

       今治市役所

b0086109_11354624.jpg

       大鳴門橋(淡路島-四国)

尾道市議会の「しまなみ海道通行料金等特別委員会」の行政視察が行われ、私は委員の一人として参加しました。以下ご報告します。視察日は2009年 11月26日、27日。

前年度は本四高速〔株〕、国土交通省、国会議員への要望活動が中心でしたが、現在、「政権交代」により要望活動のあり方が模索されていること、広島県がフェリー航路存続にむけて国への要望活動を続けていること等を考え、本四架橋の通行料金問題で同じ課題を抱える自治体の先進地視察を行いました。

1日目は洲本市。洲本市のある淡路島は兵庫県に属します。
淡路島には北から順に、淡路市・洲本市・南あわじ市と3つの市が位置します。洲本市は人口約5万人の都市。3市を合わせるとちょうど15万人、尾道市と同じくらいの人口。

本州と淡路島を結ぶ明石海峡大橋は北の淡路市に、四国に通じる大鳴門橋は南あわじ市にあり、まん中の洲本市にとって「本四連絡橋」は通常の高速道路があるだけです。災害時の代替道路としての役割を果たすのがせいぜい。

観光という面では、「いかに通過車両をなくし、市内に降りてもらうか」ということが大きな課題ですが、「高速道路千円割引」は同市にとってあまり効果を発揮していません。パーキングの「にぎわい」も関係がありません。食事ができるパーキングは北は淡路市に、南は南あわじ市にあるだけだからです。

同じ本四架橋が関係する自治体でもその影響はさまざまということがわかりました。
尾道市の場合は同じ市内を連結する橋という点でその通行のありように対する関心の度合いが大きい。市の独自対策の実行の必要性を再認識することとなりました。

それはともかく、洲本市が架橋を契機に町の活性化をどうはかるかと言う点で努力をしています。
淡路島は古代から豊かな海・山の幸、塩、獣肉、湧水を皇室に献上していたとされており、それを「御食国」(みけつくに)と表現し、観光の理念を表す言葉としています。
昼食は大正時代の赤レンガ倉庫(旧カネボウ工場跡地)を修復してつくったレストラン「御食国」を利用しました。

観光行政では淡路島観光圏協議会を立ち上げ(平成20年8月29日)淡路島全体をひとつの観光交流施設として国内外へ発信していく取り組みが加わっています。

・高速道路料金引き下げ「さあ淡路島へ行こう」宿泊キャンペーン事業
・淡路島牛丼プロジェクト事業
・「御食国」淡路島パスポート開発事業
なども、そのような観点で取り組みがはじまっています。

2日めはお隣の今治市です。調査事項は「高速道路料金引き下げに伴う影響について」です。

今治市は離島補助航路が3、市営航路が2、第3セクター航路2、その他1と合計8航路がある。地域公共交通として「橋利用」と「航路保持」とを総合的に考えていく必要があることを再認識せざるをえない環境にありました。

3つの離島航路については8400万円の赤字部分を国2分の1、県4分の1、市4分の1で負担する。市営航路の1つは国県補助を受けていますが、もう1つは補助がありません。今治市は21年度も愛媛県市長会で国に対する要望をとりまとめ、「現行補助制度の対象とならない航路につきましても、その必要性を勘案し、特段の配慮を」と要望活動を続けています。

第3セクター航路の1つにも市は補助金を交付していますが、もう1つの別の航路はこれまでの利益剰余金で運営を維持していたが、来年か再来年には市の補助なしでは航路が維持できない状況となるようです。

高速道路無料化の動きの中で今治市は「フェリー維持」から「航路維持」にシフトを転換させ、「車の搬送」と「人の搬送」を分けて考えざるを得ない状況に追い込まれています。

いずれにしても隣の市であるにもかかわらず、多くの知らないことがありました。今後とも連携を密にして、しまなみ海道近隣自治体の活性化の基礎となる議論の展開が期待されると思いました。

 雑感 この「特別委員会」ができたのは橋通行料金引き下げ活動があったからです。現在「高速無料化」の動きや料金引き下げの社会実験の実施などで国の施策が流動化していますが、
尾道市の市内を通行する住民負担軽減は第一義的には尾道市の施策として展開すべきものです。このことを肝に銘じて活動をしなければと感じています。

国の施策の展開に留意しつ、生活道路としてのしまなみ海道の利便性を高める、尾道市民の公共交通の要をなす問題としてとらえ、利用料金の軽減問題に取り組んで生きたいと思います。

公共交通の整備と言う点では私が9月議会の一般質問で取上げた「瀬戸田地域からの尾道への直通バス」が来年4月から実施の運びとなりそうです。この時刻表よると瀬戸田港発の便が午前中に3便その内2便は尾道市民病院を経由することになっています。また、午後は尾道発の便が5便あって市民病院経由が2便ありますから、瀬戸田地域の住民の需要を満たすことができるのではないかと思います。

因島から尾道市民病院に行く場合にも、重井のバス停(運動公園前)で乗り換える不便はあるというものの、選択肢が増えることになり、市の努力は評価できるものと現在考えています。
今後の改善については実施状況も見ながら検討していくということになるでしょう。

いずれにしても、バス便や船便も考えた総合的な公共交通の整備ということが大きくクローズアップされることになり、それに応じた「しまなみ特別委員会」の活動が求められることになると思います。
by okanonagatoshi | 2009-12-07 11:42 | ● 議会報告