尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
消費増税、憲法改定阻止で  -共産党市議団が意見書提案-
消費税10%増税を凍結すること

アベ首相は来年10月から消費税を10%にすると宣言しましたが、前回の5%から8%への増税により日本経済は深刻な消費不況に落ち込みました。さらなる増税は日本経済と国民生活に取り返しのつかない事態を生じさせるおそれがあります。ポイント還元、プレミアム商品券の発行など様々な手だてを講じようとしていることは、政府自身がその深刻な影響を自認していることを示すものです。消費税増税自体の是非は議論があるものの、この時期に増税することの是非を問います。

拙速な憲法改定を行わないこと

式な意見書案の名称は「核兵器廃絶を求めるヒロシマの声を発信すべき自治体として、平和憲法改定は、充分な国民的議論の下で決すべき問題であり、拙速な改定を行わないよう求める意見書」です。
 少し長い題名ですが、核兵器禁止条約の批准を政府に求める意見書を賛成多数で可決した尾道市議会の多数の議員に賛成していただきたい、という思いを込めた題名です。
 もちろん非核平和都市宣言を行っている尾道市の代表者である平谷市長にも積極的な前向きの答弁を一般質問でも求めたいと思っています。 国民の多数は憲法改定を急ぐべきではないとしています(世論調査)
 住民の命と暮らしに責任を負う地方自治関係者の良識を示したいと思います。




[PR]
by okanonagatoshi | 2018-12-06 08:31 | ● 議会報告