尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「市独自の橋代軽減を!」が議会世論に
-共産党、創生会、公明党が6月議会一般質問で求める-

b0086109_1347945.jpg
b0086109_13473339.jpg
b0086109_13475243.jpg


日本共産党尾道市委員会(寺本真一市委員長)は、1,063筆の「市民を対象に橋代への独自の補助制度を求める陳情書」、440筆の「子どもの医療費助成制度の対象年齢を『通院』についても拡大を求める陳情書」を、平谷市長、高本市議会議長に、それぞれ、手渡し、懇談しました。

平谷市長は「しまなみ海道の料金値下げ」(「選挙公報」より)の公約実行を!

6月16日、寺本、魚谷、岡野の3市議は、市独自の橋代軽減の陳情書をもって、平谷市長と面談しました。
 市長は「趣旨はよくわかっている」と言うものの、市独自の補助には慎重な姿勢。岡野市議が市民の橋利用の実数を調査し、どれくらいの予算が必要か認識する必要性を強調、向島の渋滞解決にもつながると指摘。
市長も研究の必要性を否定しませんでした。

b0086109_13531755.jpg


b0086109_13533672.jpg


高本市議会議長(瀬戸田出身)の在任中にぜひ橋代軽減を!

6月10日、魚谷、岡野両市議は、高本市議会議長に陳情書を提出し、面談しました。
「橋代をすぐに無料と言うのは無理だが、何らかの制度が必要」という認識で一致。協力を快諾していただきました。

子どもの医療費助成制度の拡充についても本来は国が制度を拡充すべきとの認識を示す一方、自治体が率先してとりくむべきことも否定しませんでした。

共産党(3人)は岡野長寿市議が、創生会(8人)は巻幡伸一市議が、公明党(3人)は福原謙二市議が、それぞれ会派を代表して市独自の橋代軽減制度の創設を求める!

6月定例市議会の一般質問で注目されるのは、最大会派の創生会が、「しまなみ海道の料金値下げについて」の項目で「料金の負担軽減が強く求められている」として、「市民を対象とした助成制度の創設に対する見解」を市長に求めたことです。
同会派の巻幡伸一市議は、昨年の4月に新料金制度ができたが、割高感があり、ETCマイレージサービス登録者に適用される割引を1回の利用者にも適用するよう提案しました。

公明党も「交通体系整備について」の項目で、合併により、広がった市域の特徴を指摘しながら、「因島大橋・生口橋での市民専用のETCカード発券による負担軽減割引を具体的に検討する考えはないか」市長の考えを質しました。

共産党は、岡野長寿市議が市民対象の補助制度を、具体的に、平日も休日の割引料金並みに引き下げることを提案しました。

共通するのは、これまでは橋代の軽減を国や県、関係機関に要望するというだけだったのが、市民を対象に尾道市の独自制度をつくるべきという提案型の質疑が展開されたことにあります。

しまなみ海道の割高な通行料金の問題は、今に始まったことではありませんが、合併から10年が経ち、改めて合併の検証が求められる時期に入ってきたことから、改めて、割高な橋代が最大の問題という認識に市議会が達しつつあるということが背景にあるものと思われます。

 平谷市長の「しまなみ海道の料金値下げ」の公約実行が改めて問われています。
[PR]
by okanonagatoshi | 2015-06-16 13:58 | ● 議会報告