尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
やっぱり国保は高すぎる
b0086109_11280071.jpg
昨日(12月12日)の民生委員会で、左の図を紹介し、国保が他の保険と比べて負担が重すぎることを指摘しました。
所得に対する保険料の割合は、協会健保(サラリーマン保険)では7,6%ですが、国保では9,9%となっています。



b0086109_11270483.jpg
国保加入者の収入は下がり続けていますが、逆に保険料は上がり続けています。1991年と2016年を比べると、収入は276万円から138万円に半減。保険料は6万5千円から9万4千円に約1.5倍に・・・


[PR]
# by okanonagatoshi | 2018-12-13 11:41 | ● 議会報告
岡野長寿市議 12月議会 一般質問 2018年
b0086109_08054444.jpg

b0086109_08052268.jpg

「ヒロシマの声」を発信すべき者の態度か?
-岡野長寿市議が「日本の軍事化」に警鐘鳴らすー

7日に行われた共産党議員団の一般質問に対する平谷市長、佐藤教育長の答弁(要旨)をお知らせします。

消費増税、憲法9条改定

岡野市議が消費増税の延期を政府に求めるよう質したのに対し、「国民生活への影響に配慮した施策について議論した上で行われるべき」と答え、この時期
の増税が、災害を受けた世帯や高齢者世帯に深刻なダメージを与えることや、日本社会の貧困化と格差拡大に拍車をかけることに対する認識を欠いた答弁に終始しました。
 また、憲法9条改定は「地方公共団体の長が見解を述べる立場にない」と答弁回避しました。

国保料軽減(子ども部分の軽減)

平谷市長は「11月15日に全国市長会が国に対し、子どもに係る均等割を軽減する支援制度の創設を求める提言を行った」ことを明らかにしたものの、自ら行うことについては否定し「県単位化され同じ保険料をめざす中、本市独自で減免制度を設けることは難しい」と答弁しました。

子ども医療費助成(高校生まで)

「静岡県では県が独自に高校3年生までの医療費を助成しており広島県とは違う」と広島県の遅れを認識していることを前提に、「この制度が大変重要な施策であることを認識しており」「引き続き慎重に検討したい」と答弁しました。

エアコン設置

佐藤教育長は、美木原小、向東小、御調中央小、御調西小、因北小、御調中、向島中でエアコン設置が完了し、設置率は22%になったことを明らかにしました。
 岡野市議は、「来年8月に完了では夏の暑い時期にエアコンを使えない学校が出てくるので6月までに完了するよう前倒し」を求め、「できるだけ努力する」との答弁を引き出しました。
 また、同市議が冬季のエアコンの暖房利用について質したのに対し、「安価な熱源の利用を基本としつつ、実情に応じた柔軟な対応も必要」と答えました。

橋代軽減公約

平谷市長は「要望活動の成果として、平成26年度に新たな料金体系が施行され、
負担軽減につながった、さらなる料金軽減による地域活性化について時期を捉えた要望を行っていく必要がある」との認識を明らかにした後、「子育て支援策の一環として、妊婦検診等の橋代通行料支援を行っている」と市独自の支援をあげました。
 これに対し、岡野市議は、
公明党の荒川議員が、因島・瀬戸田の保護者が車で子どもを療育施設に通わせている場合の橋代負担が月2万円~3万円かかる例をあげて、交通費助成の改善の必要性を訴えたことを紹介しながら、「療育施設への通学だけではない。例えば夫が入院ともなれば尾道しかないという状況の中で奥さんが看護のため月2、3万円かかったというのはざらだ。市長の公約はどうなったのかとみんな疑問に思っている」と指摘、「市民一般の通行に対する支援が求められているのであって、そのことを答弁できちっと答える必要がある」と、市長の答弁漏れを指摘し、市民の代表である議員の質問に対する誠実な答弁の必要性を指摘しました。(明確な答弁なし)




[PR]
# by okanonagatoshi | 2018-12-12 08:07 | ● 議会報告
岡野長寿市議 12月議会 一般質問 2018年
b0086109_08054444.jpg

b0086109_08052268.jpg


[PR]
# by okanonagatoshi | 2018-12-12 08:07 | ● 議会報告
金山フェリー乗り場交差点に、やっと右折・直進の表示塗り直し実施!
b0086109_07483804.jpg

b0086109_07481149.jpg
因島田熊町金山交差点 赤崎からのフェリー利用者から、「右折表示が消えていて観光客が右往左往していた。ちゃんと表示を塗り直して欲しい」との要望をいただいていました。

9月議会、10月決算議会で発言し、ようやく改善できました。広島県の管轄で「75%以上消えないと塗り直しの対象にならない」とのこと。おかしいでしょ!「交通安全の啓発本を何冊も製本するお金があるのなら、こっちが先でしょ」と言いたい。


[PR]
# by okanonagatoshi | 2018-12-12 07:56 | ● 議会報告
消費増税、憲法改定阻止で  -共産党市議団が意見書提案-
消費税10%増税を凍結すること

アベ首相は来年10月から消費税を10%にすると宣言しましたが、前回の5%から8%への増税により日本経済は深刻な消費不況に落ち込みました。さらなる増税は日本経済と国民生活に取り返しのつかない事態を生じさせるおそれがあります。ポイント還元、プレミアム商品券の発行など様々な手だてを講じようとしていることは、政府自身がその深刻な影響を自認していることを示すものです。消費税増税自体の是非は議論があるものの、この時期に増税することの是非を問います。

拙速な憲法改定を行わないこと

式な意見書案の名称は「核兵器廃絶を求めるヒロシマの声を発信すべき自治体として、平和憲法改定は、充分な国民的議論の下で決すべき問題であり、拙速な改定を行わないよう求める意見書」です。
 少し長い題名ですが、核兵器禁止条約の批准を政府に求める意見書を賛成多数で可決した尾道市議会の多数の議員に賛成していただきたい、という思いを込めた題名です。
 もちろん非核平和都市宣言を行っている尾道市の代表者である平谷市長にも積極的な前向きの答弁を一般質問でも求めたいと思っています。 国民の多数は憲法改定を急ぐべきではないとしています(世論調査)
 住民の命と暮らしに責任を負う地方自治関係者の良識を示したいと思います。




[PR]
# by okanonagatoshi | 2018-12-06 08:31 | ● 議会報告