尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「介護報酬引き下げ」はダメ 意見書(案)を提出
日本共産党尾道市議会議員団は、2月18日(水曜)、尾道市議会として政府に、「介護報酬引き下げを行わないよう求める意見書」を出すことを求める提案を行いました。

意見書(案)本文は下記の通り

来年度からの介護保険制度の実施に当たり政府は、介護報酬を大幅に引き下げる計画を明らかにしました。具体的には介護職員の月給を1万2千円引き上げるため、介護報酬を1・65%引き上げる一方で、全体の介護報酬を4・48%引き下げるなどで、実質2・27%引き下げようというものです。引き下げの中では、主に社会福祉法人が経営する特別養護老人ホームの介護報酬については7%引き下げる計画です。

介護事業者やそこで働いている介護職員は、高齢化が進む日本で、実際に介護保険制度を担う重要な役割を果たしています。しかし、介護報酬が引き下げられれば、介護事業所の持続的な運営が困難になることが予想され、ひいては介護サービスの提供体制が維持されなくなり、介護保険制度の運営に重大な支障をもたらしかねません。

また、介護職員の離職率(全国平均16・6%)は他の業種に比べ高く、処遇改善の必要性が叫ばれる中、介護職員の処遇改善のために介護報酬引き上げが考慮されているとはいえ、介護報酬全体では引き下げられるため、本当に介護職員の処遇改善につながるのかという懸念も生まれています。

さらに、特別養護老人ホームは、全国的には52万人の待機者がいるといわれ、尾道市においても実質1,204人の待機者がいます。特に所得が低い要介護者にはなくてはならない施設となっており、不足しているのが実態ですが、介護報酬の引き下げで全国では建設を中止するところも出て来ています。

よって、政府におかれましては、介護保険制度の維持、充実のためにも介護報酬引き下げを行わないよう強く要望いたします。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-18 12:55 | ● 議会報告
瀬戸田市民会館の図書館の屋根修繕予算が新年度提案されました!
今日2月17日(火曜)、新年度予算案の内示があり、瀬戸田図書館を利用されている方から要望があった図書館の屋根の全面改修予算約4千2百万円が提案されました。

b0086109_714543.jpg

瀬戸田市民会館 この中に図書館がある。隣はベルカントホール

この問題で岡野長寿は、昨年10月に開催された決算特別委員会で、図書館屋根の改修の必要性を訴えていました。

以下議事録を掲載しますので、参考にしてください。

26年 10月14日 決算特別委員会
◆岡野長寿委員 公共施設の白書の提案がありましたが、それに関連して、主要な施策の23ページにありますけども、10として瀬戸田市民会館整備事業というのがあります。これは瀬戸田市民会館の空調設備機器が老朽化したので改善したということで、事業費は1,459万5,000円ということで、一つ、二つの改善ではなくて、かなり全面的といいますか、全面的な改良だと思うんですが、この空調設備チラーの更新という、ちょっと言葉もわかりませんが、これも含めてもう少し具体的に説明してください。

◎文化振興課長兼主幹[市史編さん準備担当](向山成明) 瀬戸田市民会館の整備事業でございますが、瀬戸田市民会館、できましてから空調設備更新をしておりません。その間に老朽化、機器等の故障ということで、空調設備が不十分なものでございましたので、更新整備事業を行ったものでございます。空調、チラーという部分について、詳しくはちょっと存じておりませんけれども、おおむね空調につきましては配管等の設備、それから端末、それから元の室外機等のそういったもので構成されておりますので、そういったものの整備ということで思っております。申しわけございません、詳しいところまで御紹介ができないのは大変申しわけございません。
 以上でございます。

◆岡野長寿委員 私も概略はわからないです。かなり大々的な、予算額からしてですよ、だなあということが確認できればいいんですが。それで、かなり大々的なといいますか、全面的な更新ということだったんですが、この前私が相談受けたのは、その瀬戸田市民会館の図書館がありますよね。そこへ雨が降ったらいつも雨が漏れて、職員がバケツを持ってそこで待機していると。市民からもこのまま天井には雨漏りの模様ができますし、部分的によくわかりませんが、全面的な天井のやりかえじゃなくて、部分的に正方形か何かをくり抜いて、その部分を何カ所かやりかえていましたけども、それでもまだしみのようなものができていました。かなり屋根全般がもう老朽化してるので、大々的なやりかえが必要なんだということだったんですが、そうはいっても雨漏りですからね、これは蔵書もだめになりますし、これは緊急度からいったら、空調施設ももちろん大切ですが、これにあわせてどうして計画がなかったのかなというふうにちょっと疑問に思いましたので、その辺の議論に詳しい方、ぜひ答弁いただけたらなと思います。

◎文化振興課長兼主幹[市史編さん準備担当](向山成明) 詳しいとおっしゃいますとちょっと御期待に沿えない部分があるかと思いますが、図書館の1室を以前は図書室ではなくて、研修室のような部屋でした。その研修室の上の部分から雨漏りをしたというふうなのが状況でございます。ことし、そういう事態になりまして、改修のほうは検討していかなければならないというふうな状況でございます。全体的にそういった建物につきましては、雨漏りの箇所、例えば天窓等のパッキンが朽ちてくるというふうな状況があったりしますので、計画的に対処をしていかないといけないというふうに思っております。

◆岡野長寿委員 最近、そこが突然雨漏りし出したということではなくて、雨が降ったら天井裏に上がって、そこへバケツを設置してということが日常的に繰り返されているようなので、私はやっぱり今いろいろ市のほうでもいろんな計画を立てられますけども、やっぱり市域全体に先ほどの公共施設白書の話じゃありませんが、やっぱり優先度の高いもの、建物というのはやっぱり雨が降ったら雨漏りしたらやはりそこからというのが、まず順序でしょうから、緊急度の高いものだと思いますのでぜひ取り組みをしていただきたいということを要望しておきます。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-17 18:39 | ● 議会報告
中学校給食、橋代、子ども医療費、国保など市民のくらしを支える市政を!
岡野長寿は、いっせい地方選挙勝利めざし活動中。「市民の声」を集め、それを4つの政策にまとめ、「市民の世論」にして、市政の改善に役立てます。

1、「橋代」軽減制度をつくる
 「生活道路なのに・・・橋代が高い!」「 因島も瀬戸田も尾道よ!?」
 しまなみ海道の活用で向島(尾道大橋)の渋滞も解消!

2、子ども医療費助成
   「入院」は中3までひろがる。「通院」も中3まで拡大を!

   「三原は「入院・通院とも中3までひろがるのに・・・」
   「子育てするなら尾道???」

3、国保料は下げられる!
  「税金がメッチャ高!」
  「年金は目減りしているのに・・・物価高もあるし・・・」
  「決算で値上げ分が黒字になったのに、なぜ下げないの?」
  「2,3万円下がったらダイブやりくりが違う」
  「庶民の生活がわかってないんじゃないの?」

4、「介護報酬引き下げ」って逆じゃない!
  自公政権の暴走ストップ!
  「介護士の労働条件を改善して!」
  「特養老人ホーム増設を!1,204人も待ってるのに・・・

庁舎整備は耐震補強を中心に見直しをすべき!
大借金はダメ!


岡野長寿の実績
※中学校給食の実現に道をつける
※因島南小に信号機の設置(予定)
※敬老タクシー券を実現(今年から)
※211人分の特養老人ホーム増床


2月17日、新年度予算案の内示があり、子ども医療費助成は「入院」限定ですが、中3までひろがることになりました。それを受けて、「通院」も中3までひろげるようにがんばります。
「入院を中3までにするのなら、通院も中3までにすべき」とのスタンスでがんばります。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-15 17:56 | ● 議会報告
尾道三原地域労働組合連合会であいさつ
岡野長寿市議は、1月31日尾三地域労連定期大会で日本共産党尾道市議団を代表して、連帯の挨拶を行いました。

b0086109_17281356.jpg


尾三地域労連は、毎週木曜日、午後1時から6時まで労働相談を行い、解雇問題など、いざというときの労働者の頼みの綱となっています。

法律事務所への橋渡しや、会社との交渉、労働基準監督署への対応など、具体的な成果をあげています。

岡野市議は、総選挙で日本共産党が21議席へと大躍進した、ひきつづく一斉地方選挙でこの躍進の流れを確かなものにし、国民の願いをかなえることができる民主連合政府の樹立を現実的なものにたぐり寄せたい、そのためにも力を合わせようと訴えました。

また、尾道市政の問題点として、市民のくらしを支えるという観点が欠落している。国保料を値上げし、決算でとりすぎということが判明しても引き下げを拒否する。保守・公明・市民連合など市議会多数派もそれを容認する。

子育て支援の拡充では、乳幼児医療助成制度の改善(通院も小6までに)を共産党議員団が議案提案したが、これもつぶした。

合併で広域化した尾道市では、因島方面から尾道への通行が、橋代金負担のため、スムーズにいかない問題などの解決のため、市民を対象にした橋代金補助制度をつくって欲しい、という要望があり、岡野市議は、公共交通政策を専門に扱う係、部署をつくるべきだと訴えていること、

問題となっている市庁舎建設は、大金を投入する新築ありきでなく、耐震補強を中心に、最小費用で行うべきこと

などを訴えている、尾道市議選で、寺本真一、魚谷さとる、岡野長寿の3議席確保のために力を貸して欲しい、と訴えました。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-01 17:55 | ● 議会報告
「しまなみ海道通行料金等調査特別委員会」が開かれました!
しまなみ海道は生活道路、市民対象の料金制度で、負担軽減を!

2015年1月21日(水曜日)午前10時30分~11時25分、「瀬戸内しまなみ海道通行料金等調査特別委員会(新田隆雄委員長)」が開かれました。

議題は1,中国横断自動車道尾道松江線建設工事の進捗状況と全線開通後の利用促進について
   2,その他

出席委員 新田隆雄(新風ク)、村上弘二(市連)、宇根本茂(W声)、高本訓二(誠友)、岡野長寿(共産)

欠席委員 福原謙二(公明)、巻幡伸一

委員会は、尾道ー松江線が3月22日に全線開通すること、開通イベントなどについて理事者から報告があり、数名の委員から質疑・要望がありました。

その他で、岡野長寿委員が発言。
「しまなみ海道通行料金等調査特別委員会」の今年度の活動方針案を提案しました。

岡野委員は、「今年度4月からの新料金制度について、市民からは料金軽減に対する大きな期待が寄せられていたが、現実には広島県が負担金を引き揚げたことも影響して、平日の時間帯割引がなくなり、負担感が増えている。」

「市民の中には『観光客と市民の橋代、料金が同じでいいのか』という疑問も生まれており、委員会としてこの問題にどう対応するのか、活動方針を立てなければならない」と提案しました。

また、岡野委員は「旧尾道大橋ー向島間の渋滞問題を取り上げ、しまなみ海道を有効に活用することが渋滞解消の一助にもなる」と提案

「今年度の委員会の活動のまとめとして、市民を対象にした橋代補助制度をつくるよう中間報告文書を作成し、議長を通して、市長に提言するべき」ことを提案しました。

また、今後の取り扱いについて、「この提案を、各会派に持ち帰って検討していただき、文案などの検討を次回の会議にはかるよう」委員長に提案しました。

出席した委員は、首をたてにうなずいていましたが、
取り扱いは委員長・副委員長で協議するということになりました。

新田委員長のリーダーシップが求められています。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-01-22 14:31 | ● 議会報告