尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
西新涯から東新涯に車で行けるように(橋の改善)
b0086109_20195873.jpg

東尾道駅付近の橋の改善要望を議会で取り上げました。

予算特別委員会 3月11日 岡野長寿委員質疑

岡野委員 「場所は東尾道、黒崎水路がありますよね、その上に橋がかかっているんですが、西から東へ行くと東尾道駅へ通じる、この橋なんですが、現在、橋が776あって、交通不能な橋が79と書いてあるんですね。で、橋は木の橋と永久橋、混合橋と分かれていますけれども、この黒崎水路の上に架かっている橋というのは、この中のどれに入るんですか」

維持修繕課長 「これは混合橋になると思います。」

岡野委員 「混合橋というのは一つしかないですね。まさにこれが、それなんですかね。橋の数が一つ。橋の長さ8メートル。うち交通不能が一つ。橋の長さが8ですから、これは交通不能橋に数えられてるのですか。」

維持修繕課長 「この交通不能というのはですね、自動車が通れないという、で、歩行者や二輪車は通れるという意味のものです。」

岡野委員 「まさにそこなんですね。この地域、相当、人口、ひろいところで、こちらの西から東へ行くにはね、ちょうどJR本線と黒崎新開で袋小路みたいになっていますから、そこは歩いては通れるんですね。ところが、高齢者等が買い物とか行く時に、軽自動車が主でしょうけども、行こうとすると黒崎水路がずーっとね、長いですから、東尾道、いま相当ね、病院もある、量販店もある、食堂もあるということで相当ひらけてきていますから、そちらへ行こうとすれば、ずーっとこちらへ出て、消防の本署の方まで行って、相当、そこ交通渋滞がある交差点を通って、迂回して行くような形になっているんですね。それであの、ここのところにですね、この橋の調査というのが、やられたんですかね。で、修繕とか、いま橋のいろんな調査をやられているじゃないですか、あの、落ちたら大変だということで。これは調査はされたのか、どの程度、傷んでいるのか、次回の修繕っていうんですか、っていうのはいつ頃やろうと認識されているのか、その辺ちょっとお聞かせください。」

維持修繕課長 「調査は第1回が平成20年、21年、で、2回目が25年、26年で実施しております。20年、21年の調査の時に多少、木が腐っていたりしたところがありましたので、H鋼などで補修しております。今後の、新年度になりまして修繕計画を立て直しますので、その後、優先順位が決まると思います。」

岡野委員 「その時にはどうなんでしょうか。これは原型、現状のまま修繕するというのか、それとも、せっかくですから軽自動車とか通れるようになれば、相当、利便性が高くなると思いますが、そういったことも含めて検討をされるということですかね。」

維持修繕課長 「維持修繕課としましては一応、橋梁長寿命化修繕計画にのっとって事業を進めておりますので、もう修繕が不可能ということになりましたら、当然、必要な橋梁であれば、架け替えになると思います。で、そうなってくると、今の地形の問題であるとか、利用法の問題であるとか、工法の問題であるとか、いろいろ調整しながら新たな計画を立てる必要があると思います。」

岡野委員 「是非、今後計画を立てられるときには、ここはずーっと黒崎水路が長いですから、どこか一か所は、そういった、車で、最近の状況ですからね、高齢者の車での移動ということは常態化していますから、どこか一か所それでね、現在の所がこれまので経緯の中で一番合理的ということであるのでしょうから、人や自転車がいま通れる状況でありますからね、そちらの方か予算的に少なくて済むということであれば、是非、現在地での車が通れるような形での改善を求めておきたいと思いますけども、これは維持修繕だけではないということになったので、今後の検討ということでしょうが、どうですか。」

建設部長 「いまの維持修繕の中では、いま当然ながら長寿命化ということで現状を把握しながら修繕していくというのが、いま続けている状況であります。で、橋の利用ということでたとえばいま、車ということがございましたが、それの要望も以前からあります。確かにそういうことも聞いております。で、市としましては、新しく橋を架けることというよりも、今は、市の方針としましては、800橋ある橋梁につきましては、まず長寿命化をやっていこうという、それの安全をまず確保しようということを前提としております。ただ、その状況によりまして、新設橋につきましては今後の検討ということでさせていただきたいと思います。」
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-03-12 20:26 | ● 議会報告
尾道市政のポイント(訴え)
「高すぎる国保料は引き下げられます。」
「値上げ分4億円の黒字を使って、岡野長寿は国保料を引き下げます。」

「岡野長寿は、市民を対象に橋代補助制度をつくります。」
「合併からもうすぐ10年、しまなみ海道を有効につかって、島しょ部の負担軽減、尾道大橋の渋滞解消を実現します。」

子どもの医療費補助、「入院」は中学3年までひろがります。岡野長寿は、「通院」も中学3年までひろげます。

「中学校給食実現に道をつけた岡野長寿です。」
「通学路の安全対策、信号機の設置など、保護者の願いにこたえる岡野長寿です。

「特別養護老人ホームが足りない。」と3年間で211人分を増やしました。
国の介護報酬削減は逆さま、公的責任を求め、介護保険料引き下げや介護士の処遇改善を求める日本共産党の岡野長寿です。

「戦争する国」への動きは許しません。
軍事関連経費を削減し、国民の暮らし、福祉充実に使うべきです。

いっせい地方選挙でも、日本共産党を躍進させてください。

日本共産党議員団は、議案提案権を使って、「国保料引き下げ」や「子どもの医療費補助拡大」にがんばっています。

皆さんの大きなご支援を日本共産党にお寄せください。

「市役所庁舎建設」に大金を投入し、負担を市民につけまわすやり方は改めるべきです。
耐震補強を中心に節約し、予算は市民のくらし中心に組みかえるべきです。

以上、思いつくまま、今、私が街頭などで訴えている内容を要約してみました。
皆さんのご意見、ご感想を、お寄せください。

その他、「イノシシ対策」も重要です。農業被害だけでなく、人的被害、道路を壊すなど、因島総合支所施設管理課も思わぬ出費が嵩んでいるはず。鳥獣被害対策は、猟友会の協力を求めるのは当然ですが、市が主体となって、住民の命と安全を守る観点から、発想を変えた取り組みが求められます。
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-23 11:21 | ● 議会報告
事務所開き 2・22 (春の訪れが感じられる日)
今日2月22日(日曜)「岡野長寿事務所開き」をしました。
約50人が参加して頂き、元気をもらいました。

竹田さんが後援会を代表して「岡野長寿初当選の時からずっと後援会として活動している。消費税増税はダメ、商売を続けられなくなる。安倍自公政権と正面から対決している共産党の躍進を!」と訴えました。

共産党田熊支部の中川さんが、大平よしのぶ衆院議員、にひそうへい参院議員のメッセージを代読。

寺田元子三原市議が、共産党大躍進後の国政の状況について報告。「尾道共産党議員団は3議席の力で議案提案権を行使して市民の願い実現にがんばっている。因島の声をまっすぐ届けられる岡野長寿市議の議席確保を」と訴えました。

司会の清水さんが、定数が29(3削減)になったこと、前回岡野長寿は32位で前回の位置では議席が確保できないこと、市長選もあり、投票率が大幅にアップすることなど選挙のきびしさを率直に訴えました。

岡野長寿は、「政治生命をかけてがんばる」と決意表明。1、「税金が高すぎる。国保料は引き下げられる」2、「子ども医療費助成の拡充」3、「橋代の軽減」4、「市庁舎整備の問題」5、今開かれている予算委員会で「イノシシ対策で発言したこと」6、「敬老タクシー券の実現、因島南小学校に信号機を設置」などの実績について報告しました。

少年野球の保護者から「大きな花」が届けられるなど、天候にも恵まれ、「春の訪れ」を感じることができる一日となりました。

b0086109_1549823.jpg
共産党田熊支部長 中川さんが 大平衆院議員、にひ参院議員からの連帯のあいさつを代読

b0086109_15494888.jpg
後援会を代表して激励の挨拶をする竹田さん
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-22 15:43 | ● 議会報告
観音山(垂水)への道 ようやく復旧!
b0086109_22543273.jpg



新年1月20日に、瀬戸田しおまち商店街で、街頭から市政報告をしていると、「道路に穴が空いて、(瀬戸田町)垂水(たるみ)の観音山へ行けなくなっている」との相談を受け、現地調査。大きな穴が空いていて車はおろか、歩いても通れない。すぐ瀬戸田支所に行って、現状を報告。県の仕事ということではっきりしたことがわからない。
地元の人は観音山の頂上で正月は初日の出を見たり、雨乞いの霊場にもなっているというのに、ずっと復旧工事が行われていないとのこと。
すぐ対応するよう求め、このたび5月末までには工事が完了するとの回答を得ました。ヤレヤレ・・・
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-20 22:56 | ● 議会報告
{子ども医療費助成}署名活動にご協力ありがとうございました!
「子どもの医療費助成、通院も小学6年生までに」の署名活動へのご協力ありがとうございました。
市内全域で署名活動が取り組まれる中、尾道市は新年度予算で入院に限定してですが、中学3年生まで医療費助成を拡充する決断をしました。

事態は大きく好転し始めました。声を集めれば政治を変えることができます。
「子育てするなら尾道よ」と言うのなら、「通院も小6までに」、さらに「中3までに」と、運動を進めようではありませんか。

 今、安倍自公政権は選挙で信任を得たからと、相次ぐ社会保障制度の改悪、「戦争する国」への危険な動きを強めています。
しかし、自民党の支持率は有権者比では17%(比例代表)にすぎず、有権者は決して白紙委任状を与えたわけではありません。

 さらに政策の中身を見ると、原発再稼働や沖縄米軍基地建設推進、憲法9条改正など国民多数の意思とは相反するものが多いのです。
地方政治に直接関係するものを見ても、介護報酬引き下げの動きなど、介護の現場で働く若者の労働条件改悪をもたらしかねないものなど、国民多数の思いとは かけ離れた「暴走」を始めようとしています。

 私たちはこのような中、国の悪政から「防波堤」となって、「市民のくらしを支える市政の運営」ができるようにとがんばっています。

 市役所の新築に大借金を重ね、市民に負担を付け回す政治ではなく、市役所整備は耐震改修を中心に最小費用で抑え、予算は市民のくらしを支える「子育て支援」の充実や「高齢者福祉」、「橋代の軽減」など、これからの尾道市の発展に役立つものに、重点的な予算配分を求めて頑張っていきます。

 今後とも日本共産党の躍進に力を貸していただきますようお願いして、お礼の言葉とさせていただきます。

 日本共産党 尾道市議会議員 岡野長寿
 2015年 2月18日

署名活動にご協力いただいた皆様に
[PR]
# by okanonagatoshi | 2015-02-18 18:32 | ● 議会報告