尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:● トップページ( 4 )
新年にあたってのごあしさつ
みなさん、こんにちは 日本共産党の岡野長寿です。本年もよろしくお願いいたします。この場所をお借りして、新年にあたってのございさつをさせていただきます。

昨年は政治の悪いところが全部出て来たような年になりました。「新自由主義」とか「構造改革」とかいう言葉がありますが、株主の利益追求だけを最大の価値とするあり方が、社会を大きく歪めてしまいました。

特にこれが顕著に現れたのが派遣労働者の首切り問題でした。
また、医療や介護など福祉の予算をキリチジメてきたために必要な医者がいなくなったり、若者が介護の現場から去っていかざるをえないなど、いろいろなところで問題が起こるようになりました。年金が少なくなっているのに、保険料や税金がさらにあがり、高齢期の生活の安心を奪っています。

今年はこのような政治がもたらした害悪、政治災害から国民のくらしをまもり、安心、安全の日本を再生させていこうではありませんか。

日本共産党は、早くから、構造改革路線の誤りを指摘し真正面からこれとたたかってきた政党として、安心、安全の日本の民主的改革の原動力として力を尽くす決意です。
日本の民主的改革のポイントは、大企業・大資産家の利益だけをむさぼるあり方から、国民の家計を支える政治をきずくことです。また、アメリカ偏重の外交姿勢を改め、平和国家としての誇りをとり戻すことです。

国会では新年度予算が審議されていますが、
国民を愚弄する給付金と引き換えに消費税大増税をかぶせることが前提となる枠組みがつくられようとしています。ヨーロッパEU諸国などではあたりまえになっている、必要な社会保障給付を行う決意もみられません。国民生活安心、安全の社会保障制度をつくろうと思えば、軍事費などの戦争を前提とする予算は大幅に圧縮すべきであるにもかかわらず、逆にアメリカの指示の下米軍再編の予算を押し込むなど、これまでの悪政への反省はどこにもみられない内容となっています。

みなさん、反省がないのなら、改革もできません。ここまで来ても国民の声が理解できない方々には一刻も早く、国民の力でもって退場させようではありませんか。麻生内閣は早晩、崩壊を免れないと思いますが、

政治を変え、国民が望む予算編成にするためには、現在の政治支配者である財界から政治献金を受け取らない政治勢力をつくることが必要です。現在日本の政党の中で、財界からの政治献金を受け取っていないのは日本共産党だけです。政党の運営や活動にはお金もかかりますが、日本共産党は党員の党費、個人献金、機関紙収入など国民のみなさんに依拠して活動しています。政党運営も国民に根ざしているからこそ、国民の声を掛け値なしに政治の場で訴えることができるのです。

この間の政治の現実をみても、例えば、派遣労働法の改悪のとき、派遣労働をひろげもうけをあげようとする財界の意思に対して、真っ向から反対できたのは日本共産党だけでした。
今では多くの方が反対している後期高齢者制度でも、これをつくって医療費を削減しようとした財界筋のねらいに対し、はじめから反対を貫き、国会や地方議会での論戦をとおし、この制度の廃止運動の原動力になってきたのが日本共産党でした。

このように歴史の局面局面で国民の利益をまもる立場を貫けたのはけっして偶然ではないのです。今では民主党の幹部まで派遣労働法の自由化に賛成したことは間違いだったと言わざるを得ない状況になっていますし、後期高齢者制度は参議院では廃止法案が可決されるまでに、なるなど、日本共産党の果たした先駆的役割に対しては識者からも大きな評価をいただいているところです。

どうかこの力を数のうえでも大きくする、国会や地方議会での議席を大きく伸ばすことが必要です。この日本共産党の議席を増やすため、みなさんの力を貸してください。
何度かの選挙の経験の中から、この国の政治を変えるためには日本共産党自体を国民のみなさんに大きくしていただくことが不可欠だと、私たち日本共産党員は党勢の拡大に力を入れています。

例えば赤旗新聞の拡大では、「大企業などのスポンサーの意向、影響を受けざるを得ない商業新聞の限界を乗り越え、国民の立場からの報道を貫けます」「政策のご理解をいただくためにも私たちの政党機関紙であるしんぶん赤旗をご購読ください」と訴えています。財政の面でも、国民のみなさんに支えられているからこそ、これが、国民本位の政治を築く最大の保障になると考えています。

時代は日本の国民が行う民主的改革を求めています。未来の政党日本共産党に参加して、歴史を社会進歩の方向へと切り開こうではありませんか。

以上日本共産党岡野長寿からのご挨拶とさせていただきます。
[PR]
by okanonagatoshi | 2009-01-05 11:23 | ● トップページ
「市が先んじてやらなければ前に進まない」橋の通行料負担軽減で亀井代議士が言明
これまで議会で繰り返し主張した共産党市議団の岡野長寿議員 

 市議会には、尾道松江線の建設を促進するための特別委員会があり、19日・20日の2日間、東京と愛知県浜松に視察に行きました。
 東京では、国土交通省に出向き、尾道松江線の建設促進と、しまなみ海道との連結を要請しました。それに先立って、地元選出の亀井静香・佐藤公治両国会議員、道路局長などと昼食をしながら懇談しました。
 はじめに神田委員長が、尾道松江線の建設促進としまなみ海道との連結を要請し懇談に入りました。懇談の中では、しまなみ海道の通行料の話になり、同じ市域でありながら、因島や瀬戸田に住む人は通行料が大きな負担になっていることが話題になりました。この問題について亀井代議士は、「負担を軽減するためには、尾道市が先んじて何かやらないと話が前に進まない」と述べました。
 橋の通行料の負担軽減では、日本共産党の岡野長寿議員がこれまで議会で一貫して取り上げ、同様の主張をしてきたばかりでなく、率先して署名運動にも取り組んできたところです。
 橋の通行料の負担軽減を行おうとすれば、このような立場が求められることが今回の視察の中でも明らかになったと言えましょう(「尾道民報」11・25日号から抜粋)

 ※なお、「尾道民報」は「しんぶん赤旗」読者のみなさんにハセ込みで配布している週刊議会報告紙です。
b0086109_1059078.jpg

[PR]
by okanonagatoshi | 2007-11-26 10:37 | ● トップページ
住田てつひろ尾道市会議員(共産党)が県議選に挑戦!
 日本共産党尾道市会議員の住田哲博さんが来春の県議選に尾道選挙区(定数4)から打ってでることを明らかにしました。
 住田市議は「県知事後援会から裏金を受け取った方、その疑惑がかけられている方に、県議会議員の仕事はできない」
 「県議会に共産党の複数議席を誕生させて、県政の大そうじに取りくみたい」と抱負を語っています。
 
b0086109_18101527.jpg

b0086109_18102969.jpg

写真は、県議選に向けて、決意・抱負を語る住田てつひろ県会議員候補
[PR]
by okanonagatoshi | 2006-11-28 18:13 | ● トップページ
loading...
loading...
[PR]
by okanonagatoshi | 2001-01-01 00:00 | ● トップページ