尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
因島老人クラブ総会で、岡野長寿市議が祝詞を!
4月21日(月)因島老人クラブ総会で(10時開会)

(会長のあいさつの後、来賓として、市老人クラブ会長、因島総合支所長、松浦県議、に続いて岡野長寿が祝詞を述べる機会をいただきました。)

「みなさん、おはようございます。
今日は議会運営委員会が開かれていて、市議会からは出席が少ないのですが、因島の議員として、私がお祝いのごあいさつをさせていただきます。

合併して、この中庄の公民館や田熊老人集会所、囲碁会館などができました。合併した大きな尾道市でなければ、なかなか計画的に進めることができないことだったと思います。
とは言え、合併による様々な問題も起き、お互いがよく理解していないということで、老人クラブの補助金がばっさり削られたり、橋代の問題などまだ解決していない問題もたくさんあります。

この老人クラブの補助金については、みなさんがたの運動や市議会での論戦で復活させることができ、じゅうぶんとは言えませんが、地域ごとの活動が保障される目鼻がつきました。今後とも合併による様々な問題について、しっかり発言し、がんばってまいりたいと考えています。

さて国の政治との関係で、後期高齢者医療制度が大きな問題になっています。少ない年金から無理やり保険料を天引きする。最低限の生活費には税金をかけてはいけない。この原則が踏みにじられていることから、みなさんにご心配をおかけしているところです。

高齢化が進む中で、当然医療費や社会保障にかけるお金は増えてくるわけですが、これを無理やり抑えようとする、毎年2,200億円押さえ込もうとすることから起こっている問題です。

このやり方を根本から変えていく必要があると思います。
市議会でもこの制度の見直しをせよと意見書をあげることになりました。先日は市老人クラブ連合会の方でも上に意見を上げるということが決まったと聞いています。

ともかく、老人クラブの活動、地域ごとの活動が重要になってきます。
PTAなどでもそうですが、高齢者の場合はとりわけ因島ブロックの活動が保障されることが重要です。

市議会としても、みなさんの声をしっかり市政に反映させるようがんばってまいります。
今日はおめでとうございました。」
[PR]
by okanonagatoshi | 2008-04-22 17:35 | ● ながとし日記