尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
核兵器禁止条約について意見書が可決されました!
6月27日、尾道市議会は、賛成多数で、下記の意見書(全文)を可決し、関係政府機関に送付することになりました。

核兵器禁止条約に日本政府が積極的な役割を果たすことを求める意見書

核兵器禁止条約の国連会議第2会期が6月15日から7月7日までニューヨーク国連本部で開かれます。国連会議のエレン・ホワイト議長は5月22日、第1会期(3月27日~31日)の議論を下に、同条約の草案を公表し、多くのヒバクシャや広島市長、長崎市長も歓迎の声をあげました。
 草案は前文で、核兵器の非人道性について強調し、「ヒバクシャ」や「核実験被害者」らの「苦難に留意」すると述べ、「多数の非政府組織およびヒバクシャの取り組み」についても高く評価しています。
 第1条は核兵器の「開発、生産、製造、取得、貯蔵、移転、受領、使用、核爆発実験」などを禁止し、核兵器を違法化して「悪の烙印(らくいん)」を推すものとなっています。「自国の核兵器を廃棄した国のための措置」(第4条)を明記し、核保有国に参加の道を開いています。草案は、核兵器を法的に禁止するとともに、核兵器全面廃絶につながる大きな意義をもつものとなっています。この草案が、第2会期の議論の基礎となる。核兵器廃絶を求め続けてきた広島県民にとって画期的です。
しかし、日本政府は唯一の戦争被爆国でありながら、核兵器禁止条約に反対し、第1回期に欠席したばかりか、第2会期についても欠席を表明しています。
よって政府におかれましては、核兵器禁止条約に背を向ける態度を改め、条約への参加を検討し、核兵器禁止条約の成立のため積極的な役割を果たされるよう、非核都市宣言をしている自治体の市民代表機関である尾道市議会として、強く要望します。

以上地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
平成29年6月27日   尾道市議会
関係行政庁あて

首相、外務大臣等
政府関係機関 あて
[PR]
by okanonagatoshi | 2017-06-27 15:13 | ● 議会報告