尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
市庁舎建設問題で耐震改修を選択した松阪市を視察!
b0086109_1041545.jpg

  補強鉄骨を外だし方式で施工、4億円強の費用で耐震改修を実施
b0086109_1044773.jpg

  尾道市議会から魚谷さとる市議、岡野長寿市議、三原市議会から寺田元子市議が参加
b0086109_1051866.jpg
b0086109_1055874.jpg


尾道市庁舎は「新築か」、「改修か」?いずれにしても多額の費用がかかる?

このような中、当初60億近い新築計画を見直して、4億円強で耐震改修を選択したのが三重県の松阪市。共産党議員団は財政が大変な中、市役所の耐震化は最小費用でと言う観点から松阪市を視察し、新築から耐震補強へと転換した経緯、耐震にしても通常より安価でできた理由などについて実態調査しました。

9月3日、日帰りの調査でしたが、要は「市民の声をよく聞いて」判断した市長の政治姿勢が立派だったこと、市役所に熟練の技術職員がいて、その方がみずからの計算ではじいた耐震工事のおおよその額を掴んでいたことなどが影響したと思いました。

尾道市の市庁舎問題についてとても大事な視点を学ぶことができた有意義な調査となりました。
[PR]
by okanonagatoshi | 2013-09-06 10:07 | ● 議会報告