尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
尾道市はクラス担任まで臨時保育士で平気?
臨時保育士が44.9%は異常!保育士の計画的採用を行い、せめてクラス担任は正規保育士で! 6月19日の民生委員会で、岡野長寿市議が質疑

岡野市議は、6月補正予算に「保育所費、給料、一般職給11人減 △68,254(千円)」「臨時職賃金33,000(千円)」の記述があることについて説明を求め、これが、「保育士が多数退職するが、その補充は行わず、臨時職員を雇うことで対応する」という市のイビツな人事政策であることを暴露しました。

昨年と比べても、正規保育士の人数は119人から109人と10人減少、逆に臨時保育士の人数は73人から89人と16人増加、配置保育士の中で臨時保育士の占める割合は昨年38%から今年44.9%と異常な数値となっています。クラス担任も臨時保育士に任せるのが常態化、その割合は40%となっています。

同市議は「市が保育士の採用を計画的に行って来なかったことで、新年度がスタートしても保育士が集まらず、定員割れになり、保育所の所長さんがその対応に忙殺されるという事態が生じたのはついこの前だ。臨時保育士でというが、これは言葉に偽りがある。臨時保育士の実態は、クラス担任を任されるなど、正規保育士とほとんど変わらない仕事を任されている。それなのに給料など勤務条件は著しく劣っている。これは保育所の労働現場に差別を持ち込み、無用な軋轢を生み出すことになる。定員割れで目が行き届かず、事故が起こったりしたら、どう責任をとるのか。市に猛省を求めたい。」と厳しく詰め寄りました。

担当課長は「ここ数年退職者が多く、今は過渡的状況で、そのうち改善の方向に向かう」との認識を示し、現在のイビツな状況を「よしとはしない」姿勢を示しましたが、改善についての具体的な施策を示すことはできませんでした。

同市議は「これは、『非正規雇用を蔓延させて平気』という市長の政治姿勢に起因する問題で、保育士としてがんばろうと思っている若者の希望を奪うものだ。『子育てするなら尾道』の看板に偽りがある」と指摘しています。
[PR]
by okanonagatoshi | 2013-07-02 06:34 | ● 議会報告