尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
田熊消防屯所が完成!みんなで祝う4月14日
b0086109_9213547.jpg
b0086109_9224864.jpg

田熊町の防災拠点、消防団田熊分団の屯所が完成し、2013年4月14日(日曜)お披露目式が行われました。

歴代の消防団OBや区長会長、老人クラブ会長などが出席し、完成を祝いました。
岡野長寿も地元市議として出席、お祝いの言葉を述べました。

田熊消防屯所は内海造船の撤退に伴って立ち退きになり、新しい消防屯所の早期完成が待ち望まれていました。

下記は岡野市議の早期完成を求める市議会での論戦をまとめたものです。


【平成22年9月16日総務委員会】
◆岡野長寿委員 質問の主題は、因島田熊町の消防分団が使っている消防屯所はどうなるんだろうかという質問なんですが、今田熊町の玄関部分が大きな変化を見せています。といいますのは、市内で比較的大きな造船所がそのほとんどの区域を借りていたんですが、その地域を更地にして地主に返すというようなことで、そこの民間アパートにいらっしゃる方は立ち退きを余儀なくされてますし、テニスコートを使っていた方も使えなくなると。それから、そこの消防屯所もありますので、これがどうなるんだろうかということについて住民の不安も広がってます。中には、広大な土地ですから、大型店舗が新たに来るんではないかという、競合店にとっては戦々恐々としたような状況やら、あるいは住民からは自分たちの体力づくりや健康づくりのセンターができたらいいなとか、いろんな話が話題になってるんですよね。それで、これはまちづくりの問題ということもありますので、最新の情報提供も含めてそういった状況についてどのように受けとめておられるのか。それから、消防屯所については立ち退きの要請が来てるのか、どういう対応をされようとしているのか。そういった点について教えてください。

◎消防局警防課長(神森義文) 田熊分団2部、3部の合同の器具庫についてでございますが、この4月ごろ内海造船のほうから契約解除をしたいという申し出がございました。ほいで、賃貸借で内海造船と消防のほうでそこのを使わせていただいておりました。これは旧の因島市からの引き継ぎでございます。それで、その土地に関しましては、内海造船と地権者が契約して4月ごろすべてを解除した。残してくれないかとかというふうなことを交渉したんですが、なかなかうまくはいかなかったということで、現在では9月15日をもって引き払うというあれでなっております。ほいで、現在たちまち器具庫にあっては因島総合支所の車庫等をお借りしまして、車両の置き場、また少々の器具の置き場ということで仮設で消防器具庫は移転しております。それで、これからでございますけどが、候補地を選定しながら進めていきたいと思っております。
 以上です。

【平成22年12月9日 総務委員会】
◆岡野長寿委員 私、消防で田熊消防屯所の建設計画の進捗状況についてお伺いします。
 これは9月議会でも聞いたんです。この4月に内海造船と地権者が契約をして、すべて土地契約を解除したというところから、出ていかなきゃいけなくなったということで、この前の答弁では現在総合支所の車庫を臨時に借りておりますということで、これから候補地を選定しながら進めていきたいという答弁いただいたんですが、一般会計の補正に出てませんので、これどうなったんかなと思ってるんですが、これは新たにつくるという話じゃなくて、出ていかなきゃいけなくなって、それを補完するということですから、すぐにでも正規のあれをしなきゃいけないと思うんですが、地元の場所はもうほぼといいますか、ここがいいだろうということで要望書も出てますので、新年度予算にのすと思うんですけども、どういう進捗状況か、確認をしておきたいと思いますので。

◎消防局警防課長(神森義文) 現在、場所について選定中でございます。
 以上です。

◆岡野長寿委員 内部部局で検討をされまして、ほぼ市が所有しております金山のハローワークの跡地、ああいったものを、市が土地持ってますから、あとはあいたところの建物を有効に活用するということで、恐らく協議もされてるんじゃないかと思うんですが、選定中というか、選定が終わってるかどうか。それで、そういった交渉がやられてて、予算は新年度予算につくのかどうなのか、その辺の見通しはどうでしょうか。

◎消防局長(神原冨士雄) 田熊の消防屯所の件ですが、確かに職安の跡地という件があります。これにつきましては、上物がまだ今あります県の所有上物もあります。これを撤去しない限りは新しい器具庫ができないという状況でありますんで、そういうことを今ある上物を撤去していただくのがいつかなというのがはっきりしておりませんので、それ済んだ段階でそこら辺のことも検討していこうという考えでおります。

◆岡野長寿委員 地元からは建物を有効に活用するという案も出てるようですから、そういう形にするのか、それとも撤去するということもまだ決めてないんですか。検討するというのがちょっと随分のんびりしているように思うんですが。

◎消防局次長(烏星秀正) 田熊の器具庫の撤去については、消防団に非常なる迷惑をおかけしているところなんですが、新しい器具庫の建設につきましては、先ほど委員が申されました、元ハローワークの跡地も一つの候補地として検討してる段階でございまして、当跡地につきましては現在、先ほど局長も申しましたとおり、まだ県所有の建物が建っております。この建物の再利用について検討しましたが、この建物は消防団器具庫として適してないと。また、強度的にも建築基準法改正前の建物になることから不適であるということから、この委員申されましたハローワークの跡地を含めて、現在検討中である旨、御理解を賜りたいと思います。

◆岡野長寿委員 そうすると、新築といいますか、新たにそこへ設置するということで予算要求もされてるというふうに理解していいですか。

◎消防局次長(烏星秀正) 現在、まだ県に貸しておりますので、予算要求をしておりません。御存じのように上物も存在しておりますので、その見通しもまだ立っておりませんので、予算要求しておりません。
 以上です。

◆岡野長寿委員 移転ですから、早急な対応をお願いして、終わります。

【平成23年予算特別委員会 3月9日】
◆岡野長寿委員 田熊消防屯所の予算というのはどこを探してもないんですが、どこにあるんでしょうか。

◎消防局警防課長(神森義文) 計上いたしておりません。

◆岡野長寿委員 計上してないということは、この年度ではもうやらないということなのか、建設の規模とか場所とか、あるいは完成年次もまだ立ててないということですか。

◎消防局警防課長(神森義文) まだ一応新市建設計画の中で予定いたしておりまして、敷地等何カ所かの候補がありまして、その中で検討しているというところでございます。
 以上です。

◆岡野長寿委員 私はこの問題、12月にも聞きましたし、9月にも聞きましたが、全く同じ答弁ですよね、検討していますという。これは新たにつくるという話じゃなくて、立ち退きによって使えなくなったということですから、通常であればすぐ建てると。検討しているんであれば、検討って、どっか交渉か何かしたんか知りませんが、どこがどう詰まってるのかね。もう3回目ですからね、その辺はどうなんでしょうか。

◎消防局警防課長(神森義文) 数カ所の建設用地、候補地、ここのところでまだ最後まで詰められてないということでございます。
 以上です。

◆岡野長寿委員 候補地はまだ詰められてないということなんですが、さっき言った、普通に考えれば、現状に合った──現状に合ったというか、旧といいますか、立ち退き前の規模の建物と、いついつまでにやるという目標はどうなんですか。立ててるんですか。

◎消防局警防課長(神森義文) 早急に土地問題を解決し、新市建設計画の中で実行していくということでございます。

◆岡野長寿委員 それが煮詰まってくれば、この補正でも含めてやるということと理解していいですか。それとも、この年度はもう無理だろうと考えておられるのか。

◎消防局次長(烏星秀正) 器具庫等の建設につきまして、まずその順位について御説明させていただきます。
 消防団の器具庫、車両の優先順位は消防団の自主性にゆだねております。この関係上、これを曲げることはできません。行政としてお願いはしますが、あくまでも消防団の自主性ということで、我々はそれを予算執行上、補助してるということであります。
 以上です。

◆岡野長寿委員 ちょっと意味がわかりませんけどね。消防団の自主性に任せるというのはどういうことですか。

◎消防局長(神原冨士雄) 消防団器具庫の件なんですが、器具庫を建設したいという要望はかなりあります。その中で確かに要望の器具庫については、去年の8月ごろに地権者の意向によってそこを撤去せにゃいけんような状況になりました。現在は因島総合支所の車庫の中に仮移転してそちらのほうにおります。場所を今選定しておるところなんですが、田熊地区ではなかなか難しいと、こういう状況がありまして、その中で今懸命に場所を選定してるところでございます。これができ次第、先ほどの建設の棚のほうへ上げて、うちのほうも早急に建設するような形で消防団のほうには要望していきたいとは考えております。
 以上です。
[PR]
by okanonagatoshi | 2013-04-15 09:30 | ● 議会報告