尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
橋代金(因島大橋、生口橋)の通勤・休日割引をなくすなんて、民主党さん、約束違反ではありませんか?
岡野長寿は「橋代の値下げを求める会」のメンバーや党支部の責任者に呼びかけて、民主党の公約破りの実態を報告し、緊急に「しまなみ海道割引制度の継続を求める」署名活動を展開することを呼びかけました。
陳情書下記のとおりです。

各種団体、個人を含め、割引制度の存続の一点で力を合わせようではありませんか。
時間が限られています。どうぞよろしくお願いします。


高速道路の新料金制度(6月実施)を見直し、
「しまなみ海道」割引制度継続を求める陳情書

内閣総理大臣 鳩山由紀夫 殿
国土交通大臣 前原誠司 殿

国土交通省から発表された新たな高速道路の料金制度によると、「しまなみ海道」を含む本四高速道路は、他の高速道路より割高の上限3000円とされ、これまで実施されていた半額の「通勤割引」制度なども廃止されるとのことです。しかし、これでは私たち「しまなみ海道」を生活道路として利用している島嶼部住民にとって負担増となり、「高速道路無料化」を公約した民主党中心の政権下でのできごととはにわかに信じられません。
「高速道路無料化」がすぐに実現困難な事情は理解しますが、現状より負担が増えることは理解できません。このような真逆の事態の押しつけ、公約破りが、民主主義社会で許されるのでしょうか。
本四高速道路については「フェリー航路との調整が必要」との報道がありますが、因島-尾道、瀬戸田-尾道を直接結ぶフェリー航路はなく、「橋代金が高くなったら、フェリーを使う」という選択肢は残されていません。唯一の生活道路となった、「しまなみ海道」を高速道路一般の問題と区別なく処理されることも理解が困難です。
そもそも広域合併を進めた国、県の政策により、市役所に行くにも橋を利用せざるを得ない地域の実情をご理解いただき、少なくとも現状から負担が増えることのないよう、「通勤割引」制度などを継続していただけるようお願いいたします。

《陳情項目》
一、しまなみ海道の「通勤割引」など料金軽減制度を継続してください。

お名前  ご住所 





 取り扱い団体   (                     )
[PR]
by okanonagatoshi | 2010-04-20 06:28 | ● 議会報告