尾道市議会議員 岡野長寿
nagatoshi.exblog.jp
カテゴリ
● トップページ
● 議会報告
● ながとし日記
● リンク
● お問い合わせ
自己紹介
岡野 長寿

おかの ながとし

  • 1958年(S33)1月5日生まれ、現在53歳。

  • 田熊幼稚園、田熊小学校・中学校、因島高校を経て、明治大学法学部卒業。

  • 因島市議会議員3期
    (97~06年)

  • 尾道市議会議員3期
    (06年2月6日から)

  • 日本共産党の議員として活動中。

  • 「憲法を暮らしに生かす」が信条。

  • 趣味は野球、ゴルフ

  • 生活相談所を開設。岡野パンから徒歩3分
住所:尾道市因島田熊町229-1
電話:0845-22-2596
携帯:090-2095-5792

メールフォームのフォームズ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「物品購入は地元業者への発注を!」岡野長寿市議の提案を市が受け入れる
共産党議員団はこれまでも、編入合併により編入された地域の経済が疲弊することのないよう、公共事業の発注や物品の購入は地元優先を貫くべきとの立場で論戦に臨んできました。そして500万円以下の公共事業については因島総合支所で入札を行わせ、地元業者に発注できるようにしたり、支所で購入する物品の購入もできるだけ地元から購入するようにしてきました。

ところが昨年から
保育所で使う保育所新学期の保育用品の購入の仕方が変更され尾道市全域の公立保育所を対象に合い見積もりをとるようになったのです。

その結果、保育所で使うノート、クレヨン、雑費袋、はさみなど大量の文房具用品の調達は尾道市域全域をカバーできる能力のある業者が事実上独占することとなり、これまで島嶼部を中心に営業をしていた地元業者が悲鳴をあげることとなったのです。

岡野長寿市議は3月10日の予算特別委員間でこの問題を取りあげ、なぜ物品納入の地元優先が反故にされたのか。

変更の理由を追及するとともに、島嶼部を中心に営業活動をしている業者に御調まで配達を強いるような見積もりの取り方は、地域経済の均衡ある発展という観点を無視するもので、是正すべきだ。これでは因島から文房具屋さんがなくなってしまうではないかと迫り、

子育て支援課 課長は 今度の保育用品の購入の合い見積もり手続きは
因島地域とそれ以外(尾道・向島・御調)の地域を分けて見積もりをとるよう検討すると答弁。見直すことを約束しました。
[PR]
by okanonagatoshi | 2009-03-10 22:03 | ● 議会報告